旭川医科大学 整形外科学講座

研修医募集 外来のご案内

旭川医科大学

診療のご案内

変形性股関節症

股関節の軟骨が劣化しすり滅ってしまう状態です。徐々に強くなる関節の痛みと、痛くてしゃがめない、走れないなどの運動時痛が主症状です。

日本人で股関節の変形性関節症を発症される方は、生まれたときから股関節の脱臼や形成不全がある場合がほとんどです。

これらはゆっくりゆっくり悪化していきますが、幸い早い段階で見つかった場合、関節破壊を予防し、人工股関節に至らなくてすむ治療、骨きり手術があります。当科では、複数の手術の中から患者さんに最適の手術を選んで行います。

破壊されてしまった股関節には、現在のところ人工股関節手術がもっとも有用です。
当科では、通常の人工股関節の他に、最小侵襲での人工股関節手術(MIS人工股関節)が可能です。

関節症は、お年寄りだけの病気ではありません。
股関節に異常を感じたことがある方は、一度、ご相談ください。

変形性股関節症の主な治療法

ページトップに戻る
Asahikawa Medical University Copyright(c) All Rights Reserved.