旭川医科大学 整形外科学講座

研修医募集 外来のご案内

旭川医科大学

診療のご案内

頚椎疾患・頚椎症性脊髄症(けいついしょうせいせきずいしょう)

概要

頚椎症性脊髄症とは、首の部分での背骨(脊椎)の骨格が加齢により徐々に変形していくことで、周囲を走る脊髄が圧迫を受け、下記のような様々な症状をきたしうる疾患です。

症状

手先や足先のしびれで始まることが多く、進行すると四肢広範囲のしびれや痛み、頚部や肩甲部、背部の痛みなども出現してきます。
日常生活動作では箸がつかいにくい、ボタンがかけづらい、書字や裁縫がしづらくなる、といった支障や、歩行しづらさ(スムーズに脚が運べない、躓きやすい)が出現してきます。さらに、膀胱直腸障害(頻尿・排尿時の開始遅延・失禁など)が生じてくることもあります。

診断

最も大切なのは患者さんを診察した神経学的な所見ですが、X線撮影やMRI撮影における頚椎の評価にて、より詳細な把握が可能となります。

治療

症状が軽度であれば内服や生活上の予防(首を長時間後屈しないような枕指導など)をおこないますが、進行している場合には手術が必要となります。
手術は主に後方から脊髄の通り道を広げる手術を行っております。これは日本の東京大学で開発された手技に基づいた術式になりますが、良好な術後成績が得られることが全国的な調査でも明らかとなっております。

ページトップに戻る
Asahikawa Medical University Copyright(c) All Rights Reserved.