旭川医科大学 整形外科学講座

研修医募集 外来のご案内

旭川医科大学

診療のご案内

腰椎疾患 腰部脊柱管狭窄症・腰椎変性辷り症

概要

腰部脊柱管狭窄症とは、腰の部分での神経の通り道(脊柱管)が、椎間板の変性や脊柱管の周囲の靱帯の膨らみ、骨の棘や肥厚など、いろいろな原因により徐々に狭くなっていく疾患です。脊柱管の中にある神経が圧迫を受け、下記のような様々な症状をきたしうる事が知られています。また、腰部脊柱管狭窄症をきたしうる原因として、腰の背骨の骨と骨の間で辷りを伴ってくる、腰椎変性辷り症が関与するものもあります。こちらも腰部脊柱管狭窄症と似たような症状をおこすことが知られています。

症状

腰臀部のいただるさや鈍痛、しびれ、下肢~足先のしびれや痛みで始まることが多く、特に長時間立位時や長時間の歩行に伴い悪くなることが典型的です。はじめのうちは安静時には症状が軽快することが多いですが、進行すると短時間の立位姿勢・歩行も辛くなる場合があり、安静時も腰臀部のいただるさが持続する場合もあります。
さらに、足の力が入りづらくなることや、膀胱直腸障害(頻尿・排尿時の開始遅延・失禁など)が生じてくることもあります。

診断

最も大切なのは患者さんを診察した神経学的な所見ですが、X線撮影やMRI撮影における腰椎の評価にて、より詳細な把握が可能となります。X線では腰椎変性辷り症を伴っているかどうかを評価でき、MRIでは神経の通り道の狭さを評価することが可能です。
さらに腰椎ミエログラフィー検査という、2泊3日の入院検査による精密検査を行い、より詳細な評価(手術に向けての検査)を行うこともあります。

治療

症状が軽度であれば内服や生活上の予防(立位時や歩行時などに長時間背筋を伸ばすことをせず、適度に休憩したり前傾姿勢をとったりする)をおこないますが、進行している場合には手術が必要となります。
手術は主に背中側から神経の通り道を広げる手術を行っておりますが、本大学の特長として、どちらか片方の筋肉側のみから展開、アプローチし、もう片方の腰の筋肉を温存するように手術を行っています。また腰椎変性辷り症をともなう脊柱管狭窄症の場合には、多くの施設では金属を用いた固定術を行う傾向にありますが、手術後の長期経過で必ずしも満足が得られない結果(合併症)が生じることもあることから、当科では独自に考案した脊椎制動術という術式を行っております。

ページトップに戻る
Asahikawa Medical University Copyright(c) All Rights Reserved.