旭川医科大学 整形外科学講座

研修医募集 外来のご案内

旭川医科大学

診療のご案内

特定疾患 後縦靱帯骨化症

概要

後縦靱帯骨化症とは、頚椎~腰椎の部分で、神経の通り道の前にある靱帯(これを後縦靱帯といいます)が、何らかの理由により骨化、厚みを生じ、結果として脊髄や神経の通り道が著明に狭くなることで下記の様な症状をおこす疾患です。

症状

後縦靱帯の骨化自体は緩徐に厚みを生じるため、無症状で気が付かれるケースも多いのですが、進行してくると、四肢のしびれ、痛みなども出現してきます。
後縦靱帯骨化の場所が頚椎の場合は上下肢症状、胸椎や腰椎で生じている場合には主に下肢症状として現れてきます。
また、進行すると、頚椎の場合では箸がつかいにくい、ボタンがかけづらい、といった上肢症状に加え、歩行障害が出現してきます。胸椎の場合では歩行障害が生じてきます。また、いずれの場合においても、膀胱直腸障害(頻尿・排尿時の開始遅延・失禁など)が生じてくることもあります。

診断

身体所見に加えて、X線撮影、CT撮影、MRI撮影などが診断に有用です。
診断が確定し、手術の必要性が生じた場合には、特定疾患の申請を行い、受理されることで、入院治療費用が免除(食費などはのぞく)となります。

治療

症状がない、もしくは軽度であれば、定期的な外来通院による経過観察や投薬治療などがメインとなります。症状が進行した場合には手術が必要となります。
手術は部位・骨化症の長さや範囲、骨化の形状などにより様々な治療方法があります。それぞれの患者さんの症状、画像等に応じた治療法がありますので、詳しくは外来担当医にご相談下さい。

ページトップに戻る
Asahikawa Medical University Copyright(c) All Rights Reserved.