旭川医科大学 整形外科学講座

研修医募集 外来のご案内

旭川医科大学

診療のご案内

外傷 脊椎椎体骨折、椎体骨折後偽関節

概要

脊椎椎体骨折は、特に中高齢の女性(閉経後の女性)で、骨粗鬆症が進行してくることによって生じることの多い疾患です。必ずしも転倒でしりもちをついたことで起こるというわけではなく、某CMで「いつの間にか骨折」と言われているように、軽微な外傷(思いものを持ち上げた・くしゃみをした・勢いよく起き上がった)などでも生じることがあります。

症状

骨折部の痛みを生じます(特に体動に伴う痛みが多いです)が、歩けてしまうことも多く、病院を受診されず、後日病院を受診した際に気がつかれるケースもあります。しかし、骨折をしたあと、早い時期から無理をして動き回ることで、椎体が潰れてくる・骨折部が癒合せずグラグラのまま(偽関節)といった状態を引き起こすことが有り、疼痛の遺残や、下肢の麻痺、歩行障害を引き起こす危険もあります。

診断

圧痛、叩打痛、体動時痛といった身体所見に加え、X線、MRIなどが診断に用いられますが、ごく初期にとったX線では骨折が見逃されてしまう可能性があり、骨折を疑う際には経時的なX線撮影やいろいろな姿勢での追加X線撮影が診断の助けとなることもあります。

治療

骨折が比較的軽微で変形が少なく、骨癒合が期待できる場合は痛みに対しての投薬のほか、安静、コルセットによる治療を行います。また最近の治療方法で、骨粗鬆薬の注射が骨癒合や続発しうる次の骨折の予防になると考えられており、定期的な注射を病院または自宅で行う治療もあります。

ページトップに戻る
Asahikawa Medical University Copyright(c) All Rights Reserved.