旭川医科大学 整形外科学講座

研修医募集 外来のご案内

旭川医科大学

講座紹介

下肢班

我々は主に股関節より下の部分を専門とするグループです。

2011年、我々のグループで行った手術は約200件。変形性関節症、関節リウマチ、外傷、スポーツ障害(靭帯損傷、半月板損傷、離断性骨軟骨炎)、小児先天性疾患(内反足、軟骨無形成症)、下肢変形、骨軟部腫瘍などなどです。道北・道東圏の中心的な病院の為、関連病院からご紹介頂いた患者さんも大勢いらっしゃいます。関連病院との連携を密にし、保存加療も含めて、個々の患者さんに応じた最良の医療を目指したいと思っています。

以下、我々が行っている手術治療のいくつかについて紹介します。しかし、個人差がありますので、全てが下記のように順調に進まないことがあります

1.骨きり手術

内反(O脚)変形を呈した、中程度の変形性関節症の患者さんがうける手術の一つです。O脚では、荷重(体重)は痛みのある内側に集中しています。これを、軽度の外反(X脚)に変えることで、荷重を外側に移し、疼痛を改善させる手術です。自分の関節を温存することができますが、骨きり部分の骨が、完全に骨癒合するまでに時間がかかります。入院は4-6週間です。

kashi-fig1.jpg

2.人工関節置換術(TKA:Total Knee Arthroplasty)

薬や注射などが効かない変形性関節症や関節リウマチの患者さんがうける手術の一つです。(程度がすすんでいない変形性関節症では自分の関節を温存した骨きり手術を行っています。)

大学病院では年間約70件(2011年)、開院以来、800件以上の人工関節置換術を行ってきました。合併症の無い方は両膝を同日に手術をしています。最近では、以前に入れた人工関節が弛んでしまった為、再度入れなおす再置換術も増えています。

手術を決める前に、人工関節の悪い点、良い点などをお話しています。高齢の方や合併症をお持ちの患者さんも安心して手術を受けて頂けるよう、手術の前に詳しい検査をして頂きます。治療費の負担を減らす為、手術前に厚生医療の申請を行っています。現在の入院待機期間は、1〜2ヶ月くらいです。

人工関節の手術は、感染の危険を減らす為、特別な「バイオクリーンルーム」という手術室で行い、術者や助手は「無菌ヘルメット」をかぶって行います。手術の傷は8cm〜15cmで、ほぼ輸血をしないで手術が行えています。膝の変形を矯正し、よりバランスの良い正確な手術ができるよう、手術中は独自の器具を使用し、常に丁寧に行うことを心がけています。

術後は痛みに応じて、翌日より歩行訓練などを開始し、術後2〜3週で1本杖の状態で退院を目標にしています。両側の手術をした場合は、術後4週間を退院目標にしています。その後は定期的な外来通院で経過をみていきます。

kashi_fig2.jpg

3.前十字靭帯再建術

膝の前十字靭帯を損傷した患者さんがうける手術です。手術の利点、欠点を理解して頂いて、手術を組みます。

関節鏡という内視鏡カメラを使って手術をします。多くの場合は、膝の内側を通る腱(半腱様筋腱や薄筋腱)を採取し新しい靭帯として用います。骨に穴を開けて、この新しい靭帯を関節の中に通し、小さな金属で固定します。

手術が終了したら、装具をつけて、すみやかに歩行訓練とリハビリを開始し、1〜2週間で退院、外来通院でリハビリと定期診察を行います。我々のリハビリの特徴は、全員に同一のリハビリメニューというものを使わず、それぞれの競技種目や個人のレベルに応じてリハビリをすすめていることです。

競技種目によりますが、スポーツへの復帰はおおよそ10ヶ月以降です。手術をしても再断裂することがありますので、リハビリテーションメニューを守り基本運動動作を再学習することが重要です。

kashi_fig3.gif

4.外反母趾手術、リウマチ趾変形手術

外反母趾装具や靴、中敷き、足指体操などで効果が無く、疼痛や足裏のたこで支障をきたしている方に行う手術です。外反母趾の程度や、足全体のバランスを診察し、骨を切って変形を矯正します。

関節リウマチによる趾変形は外反母趾のみならず、さまざまな変形を伴いますが、変形により靴が履けない、足裏のたこや潰瘍ができて化膿しやすいなど、日常生活に支障をきたす場合は、変形を矯正する手術を行います。

関節リウマチ趾変形(足裏の潰瘍)の手術前/手術後
kashi_fig4.jpg

5.下肢変形矯正手術、下肢延長手術

先天性疾患や骨折などによる下肢の変形や短縮に対して行う手術です。

そもそも骨には再生能力があります。例えば骨折を起こすと、その部分が治ろうとして、まず「仮骨(かこつ)」とよばれる軟らかい骨ができ、これが次第に硬くなって元のような硬い骨に治っていきます。このような骨の再生能力を利用して手術を行います。

手術では骨を切って骨折の状態を作り、骨折した隙間にできてくる「仮骨(かこつ)」をゆっくり延ばしていくことで、変形矯正や延長を行います(仮骨延長法)。創外固定器という器具を使って行い、骨が硬くなるまでこの器具をつけます。超音波治療や内固定金属を併用することにより、早めに創外固定を抜去できるような工夫もしています。

合併症として、延長に伴う痛みや関節拘縮、ピンのトラブルが起こることがありますし、延長した骨がつきにくいこともあります。

kashi_fig5.gif

メンバー

主な発表と講演

2015.3 A Surgical Concept to Restore the Natural Flexion Coronal Alignment of the Lower Extremity with Well-Balanced Flexion Gap in Posterior-stabilized Total Knee Arthroplasties.(Nochi) ORS in Las Vegas

2014.11 Use of the Eight-plate for angular correction of knee deformity due to spondylometaphysial dysplasia.(Abe)日本小児整形外科学会

2014.11 成長期に手術治療を行わなかった脚長不等(阿部)日本小児整形外科学会

2014.11 血友病と関節傷害、はばたき事業団 (講演:能地)

2014.11 セメントスペーサーを人工足根骨として使用した足根骨骨髄炎(阿部)日本足の外科学会

2014.10 培養ヒト滑膜細胞はIL-2の反応性を低下させてリンパ球増殖試験を抑制する(阿部ら)第23回日本整形外科基礎学術集会

2014.9 Rotational Alignment of the Femoral Component Did Not Affect Patellofemoral Joint Congruency When a Balanced Gap Technique Is Used in Posterior Stabilized Total Knee Arthroplasty (Abe et al) ISTA

2014.9 後脛骨筋腱機能不全の診断と治療 有痛性外脛骨と扁平足と後脛骨筋腱不全の関係(阿部ら)東日本整形災害外科シンポジウム

2014.9 著しい両側外反膝の一例 (類家) 北海道膝研

2014.9 人工膝関節置換術-テクニカルノート-、第1回疼痛懇話会 (講演:能地)

2014.8 外反扁平足を合併した外反母趾の治療(阿部)北海道下肢と足部研究会

2014.8 旭川市民公開講座「そうだったんだ膝の痛み」(講演:能地)

2014.8 Limitation of HTO and indication of double osteotomy (Abe et al) 2nd Japan-Korea Knee Osteotomy Symposium

2014.8 2nd Japan-Korea Knee Osteotomy Symposium. 座長(能地)

2014.7 前十字靱帯再建における再建靱帯経が膝安定性に与える影響についての評価~ブタ屍体膝に対するバイオメカニクス研究~ (佐々木ら)第6回 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS)

2014.7膝前十字靱帯単束損傷モデルにおける膝安定性評価 ~人屍体膝に対するバイオメカニクス研究~ (佐々木ら)第6回 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS)

204.7 膝に薄筋腱と半腱様筋腱による2重弾発を生じたハムストリング近位付着部裂離損傷の放置例 (類家ら)第6回 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS)

2014.7 旭川市民公開講座:肩と膝 (阿部里見)

2014.7 Radiographic Analysis of a Degenerative Change in the Flexion Coronal Alignment of the Lower Extremity (NOCHI)International Congress for Joint Reconstruction

2014.7 The Flexion Coronal Alignment in Case When a Balanced Gap Technique is Used in a PS-TKA(NOCHI)International Congress for Joint Reconstruction

2014.7 An in vivo Biomechanical Characteristics of Soft-Tissue Stiffness in  Osteoarthritic Knees Undergoing Posterior-Stabilized Total Knee Arthroplasty(NOCHI)International Congress for Joint Reconstruction、

2014.6 北海道整形災害外科学会 下肢4 座長(阿部)

2014.6 第127回北整会 座長(能地)

2014.6 膝屈曲位冠状面アライメントの検討(能地)第127回北整会

2014.6 膝蓋骨脱臼および反復性膝蓋骨(亜)脱臼に対する膝蓋大腿靱帯(MPFL)修復および再建術の適応と成績(阿部ら)第127回北海道整形災害外科

2014.6 The Force Vector of the Extensor Mechanism was Decreased by the Modified Gap Technique in Total Knee Arthroplasty (Abe et al) 24th Japan-Korea Combined Orthopaedic Symposium

2014.5 New Concept of Intramedullary Stem Use in Total Knee Arthroplasty (TKA)(Abe et al)日本整形外科学術集会

2014.5 Effect of fixation angle and graft tension in double-bundle anterior cruciate ligament reconstruction on knee biomechanics.(Sasaki et al)日本整形外科学術集会(JOA)

2014.5 Effect of graft size and insertion site area in single bundle anterior cruciate ligament reconstruction: A porcine study(Sasaki et al)日本整形外科学術集会(JOA)

2014.5 膝屈曲位冠状面アライメントの検討(能地)第87回日整会

2014.5 Inter-surgeon difference in single bundle ACL graft tension using the ‘manual maximal’ tensioning technique. (Sasaki et al) ESSKA

2014.5 Effect of fixation angle and graft tension in double-bundle anterior cruciate ligament reconstruction on knee biomechanics in human cadaver.(Sasaki et al) ESSKA

2014.5 Effect of graft size and insertion site area in single bundle anterior cruciate ligament reconstruction: A biomechanical evaluation of porcine knee kinematics.(Sasaki et al) ESSKA

2014.3: Synovial Cell Induce IL-2 Non-responsiveness to Lymphocytes in Allogeneic Immune Response(Abe et al.)ORS

2014.2: Modified Gap Technique法をmeasured resection法で補正する屈曲ギャップ作製法の試み(能地ほか)第44回人工関節学会

2014.2:PS-TKA術後膝関節屈曲位冠状面アライメントの検討(小林ほか)第44回人工関節学会

2014.2:Mobile型人工関節置換術後にベアリングの脱転、破損を伴う膝脱臼(二田水ほか)第44回人工関節学会

2014.2:modified gap techniqueによるTKAの脛骨粗面-大腿骨滑車間距離の変化(阿部ほか)第44回人工関節学会

2014.2:脛骨内側側副靱帯付着部異所性骨化(小林ほか)第126回北整災会 

2014.2: TKAクリニカルパスのアウトカム評価およびバリアンスに与える因子の検討(阿部ほか)第126回北整災会

2014.2:関節傾斜角からみたHTOの限界とDouble Osteotomyの適応の検討(阿部ほか)第126回北整災会

2014.1:有痛性外脛骨と扁平足と後脛骨筋腱不全(PTTD)の関係(阿部ほか)第15回北海道下肢と足部疾患研究会

2013.11:膝屈曲下垂位冠状面アライメントの評価.(能地ほか)第41回日本関節病学会

2013.10:Distal femoral open wedged osteotomy by bi-plane technique for valgus knee deformity in Spondylo-Epi-Metaphyseal Dysplasia with joint laxity (SEMDJL) 第2回Knee Osteotomy フォーラム (阿部ほか)

2013.10:培養ヒト半月由来線維軟骨細胞はIL-2の反応性を低下させてリンパ球増殖試験を抑制する 日整会基礎 (阿部ほか)

2013.10:食物由来AGEsがマウス関節軟骨変性に与える影響.(類家ら)第28回日整会基礎

2013.10:The Force Vector of the Extensor Mechanism was decreased by the Modified Gap Technique in Total Knee Arthroplasty (Abe et al) ISTA

2013.10:An in vivo Biomechanical Characteristics of Soft-Tissue Stiffness in Osteoarthritic Knees Undergoing Posterior-Stabilized Total Knee Arthroplasty. (Nochi et al)ISTA

2013.10:The Relationships between Rotational Alignment of the Femoral Component to the Flexion Gap Balance and to the Tibial Mechanical Axis in Posterior-Stabilized Total Knee Arthroplasties. (Nochi et al)ISTA

2013.10:An in vivo Biomechanical Characteristics of Soft-Tissue Stiffness in Osteoarthritic Knees Undergoing Posterior-Stabilized Total Knee Arthroplasty. (Nochi et al) 8thCORS

2013.10:Modified axial radiography technique for evaluation of the coronal alignment of the knee while patients are sitting with flexed knees. (Nochi et al) 8thCORS

2013.10:The Relationships between Rotational Alignment of the Femoral Component to the Flexion Gap Balance and to the Tibial Mechanical Axis When a Balanced Gap Technique is Used in Posterior Stabilized Total Knee Arthroplasties. (Nochi et al) 8thCORS

2013.9: Human meniscal fibrochondrocytes inhibit the proliferation of allogeneic lymphocytes exposed IL-2 (Abe et al) ICRS

2113.9:半月(板)縫合の今、そして未来へ 北海道膝研究会 教育研修講演(阿部里見) 

2013.8:A Radiographic evaluation of dome-type high tibial osteotomies after a minimum of 10 years’(Abe et al)1st Korea-Japan Knee Osteotomy symposium

2013.8:Distal femoral open wedged osteotomy by bi-plane technique for valgus knee deformity in Spondylo-Epi-Metaphyseal Dysplasia with joint laxity (SEMDJL)(Abe et al)1st Korea-Japan Knee Osteotomy symposium

2013.8:下肢変形と膝関節不安定性を伴った片麻痺の一例(阿部ほか) 第14回北海道下肢と足部疾患研究会

2013.7: 半月切除後の骨壊死症 (阿部ほか)ななかまど

2013.6:我々はSSIを減らすことができたか(阿部ほか)第125回北整災会

2013.6:人工膝関節置換術における持続大腿神経ブロックと単回大腿神経ブロックの比較検討(小林ら)第125回北整災会

2013.5: Could We Prevent Surgical Site Infection (SSI)?(Abe et al)第86回日本整形外科学会総会 International session Poster

2013.5:Modified Gap Techniqueで施行したPS型TKA術後膝関節屈伸軸の検討(能地ほか)第86回日本整形外科学会総会

2013.2: TKA周囲骨折の予測をめざした膝関節周囲骨密度測定-大腿骨近位の骨密度が、同側の膝関節周囲の局所骨密度の指標となりうるか-(阿部ほか)第43回第43回日本人工関節学会 

2013.2:Modified gap techniqueによる大腿骨コンポーネントの回旋アライメントがPS-TKAの術後屈曲角に与える影響(類家ほか)第43回日本人工関節学会、

2013.2:膝関節屈曲位冠状面アライメント評価を目的とした改良上顆軸撮影法の試み、(小林ほか)第43回日本人工関節学会

2013.2: 膠原病膝に対して施行したPS-TKAの術中軟部組織剛性の特徴と術後早期の屈曲位冠状面アライメント(能地ほか)第43回日本人工関節学会

2013.2.19 BCG (Bacilli Calmette-Guèrin)骨髄炎の治療経過報告(阿部ら)第5回北海道小児整形外科セミナー

2013.2:身体の仕組み(阿部 講師)中級 身障者スポーツ指導員養成講習会

2013.2:安全管理(類家 講師)身障者スポーツ指導員養成講習会

2013.1:The Relationships between Rotational Alignment of the Femoral Component to the Flexion Gap Balance and to the Tibial Mechanical Axis When a Balanced Gap Technique is Used in Posterior-Stabilized Total Knee Arthroplasties.(Nochi et al) ORS

2013.1:Immune Modulatory Function of Human Meniscal Fibrochondrocytes (Abe et.al) ORS

2012.12:多発関節拘縮症内反足手術後の再発例(阿部ほか)小児整形外科多発関節拘縮症症例検討会

2012.10:同種ヒト培養軟骨細胞は活性化CD4+T細胞のIL-2 受容体α鎖(CD25)の発現を抑制することで活性化T細胞の増殖を抑制する(阿部ほか)日整会基礎

2012.10:The Clinical Epicondylar Axis is Perpendicular to the Tibial Mechanical Axis in Case When a Balanced Gap Technique is Used in a Posterior-Stabilized Total Knee Arthroplasty. (Nochi et al) 25th International Society for Technology in Arthroplasty

2012.9:Relationship among Rotation Alignment of Femoral Component, Flexion Gap Balance and Tibial Mechanical Axis When a Balanced Gap Technique is used in Posterior-Stabilized Total Knee Arthroplasties. (Nochi et. al) 20th Annual meeting of EORS

2012.9:The Correlation Between Bone Mineral Density (BMD) Around a Knee Joint and BMD at the Proximal Femur by Dual-Energy X-ray Absorptiometry (DEXA)(Abe et al)第15回日仏整形外科学会

2012.7:Gap techniqueで施行したPS型TKA後の脛骨機能軸はCEAと直交する(小林ほか)第123回北整災会 2012.7:DualenergyX-rayabsorptiometry(DEXA法)を用いた膝関節周囲骨密度測定(阿部ほか)第123回北整災会

2012.6:化膿性膝関節炎疑いとして紹介された小児(三浦ほか)第6回ななかまど

2012.6:長期間続いた足関節痛の3例(阿部ほか)第6回ななかまど

2012.6: Rotation alignment of femoral component and flexion gap balance in cases when a balanced gap technique is used in a posterior-stabilized total knee arthroplasty. (Nochi et al) 22nd JKCOS

2012.6:Allogeneic articular chondrocytes inhibited the proliferation of allogeneiv CD4+T cells, inhibiting CD25(IL-2 receptor alpha) expression on CD4+T cells (Abe et al) 22nd JKCOS

2012.5:Human Articular Chondrocytes Induce IL-2 Non responsiveness to allogeneic lymphocytes.(Abe et al) ICRS

2012.3 変形性膝関節症に対するヒアルロン酸の効果(能地 講演)

2012.3 スポーツ障害と外傷の予防(阿部 講演)スポーツ少年団指導者・母集団研修会

2012.2 早期ゆるみを生じたTKAの検討(阿部ほか)日本人工関節学会

2012.2 脛骨後方傾斜がギャップ評価に与える影響(能地ほか)日本人工関節学会

2012.2 Modified gap techniqueによるPS-TKAの術中と術後早期の屈曲位バランスの関連(能地ほか)4日本人工関節学会

2012.2 トラネキサム酸を用いたドレーンクランプ法の検討(佐々木ほか)日本人工関節学会

2012.2 Immune properties od Mesenchymal lineage cells(Abe)Stanford University School of Medicine Department of Orthopaedic Surgery, Post-Doctoral Fellow Symposium

2012.2 CITED2 augments aged tendon stem/progenitor cells in tendon injury repair (Ruike) ORS

2012.2 Accumulation of Advanced Glycation Endproducts Induces Cartilage Degradation via Activation of Syndecan-4-ADAMSTS-5 Pathway (Ruike) ORS

2012.2 The Effect of the Characteristics of Soft Tissue in Cases When a Balanced Gap Technique is Used in a Posterior-Stabilized Total Knee Arthroplasty (Nochi et.al) ORS

2011.12 In Vitroにおけるヒト間葉系細胞の同種免疫寛容と炎症反応(阿部ら)日整会基礎

2011.12 Ellis-van Creveld syndromeによる外反膝の治療経験 (阿部ら)日本小児整形外科学会

2011.9 安全管理 (阿部 講演) 障碍者スポーツ指導員養成研修会

2011.7 膝蓋骨脱臼 MPFL再建を中心に(阿部)ななかまど

2011.11 変形性膝関節症 (能地 講演) 稚内整形外科疾患懇話会

2011.6 人工膝関節置換術の実際 (能地 講演)

2011.6トラネキサム酸を用いたドレーンクランプ法の検討(佐々木ほか)北整災会

2011.5 変形性膝関節症-病態と治療戦略- (能地 講演)  2011.3 変形性膝関節症と人工膝関節置換術 (能地 講演) 

2011.2 当科における人工膝関節置換術後疼痛管理に対する試み~IV-PCAと持続大腿神経ブロッを併用した術後鎮痛~(佐々木ほか)日本人工関節学会

2011.2軟部組織剛性の違いがGap techniqueによるPS型TKAに与える影響 (能地ほか)日本人工関節学会 シンポジウム

2011.2 人工膝関節置換術(TKA)における周術期全身合併症の検討(阿部ほか)日本人工関節学会

2011.2人工膝関節置換術における3D映像撮影の試み(能地ほか)日本人工関節学会シンポジウム

2011.1 TKA術後における上窩軸撮影でのX線学的検討 (佐々木ほか) 北整災会

2011.1人工膝関節置換術(TKA)における周術期全身合併症の検討(阿部ほか) 北整災会

2011.1 Mettalloproteinase-3 (MMP-3) Secretion Induced by Allogeneic Peripheral Blood Mononuclear Cells (PBMC) In Human Mesenchymal-lineage Cells in Vitro (Abe et. al) ORS

2010.11 成人まで経過観察を終了した軟骨異形成症に対する脚延長術の検討(阿部ほか)小児整形外科学会

2010.9 In Vitroにおいてヒト間葉系細胞は同種免疫反応を起こさないがMatrix Metalloproteinase-3(MMP-3)の産生は亢進する(阿部ほか)日整会基礎

2010.9 Tumor necrosis factor α (TNF-α)-antagonistは、ヒト培養関節軟骨の Matrix mettalloproteinase-3 (MMP-3)の産生をIn Vitroにて抑制する(阿部ほか)日整会基礎

2010.9 Tumor necrosis factor -α (TNF-α) antagonist inhibits matrix mettalloproteinase-3 (MMP-3) secretion induced by TNF-α in human articular chondrocytes in vitro. (Abe et al.)ICRS 

2010.7 Tumor Necrosis Factor α (TNF-α) -antagonist inhibits Matrix Mettalloproteinase-3 (MMP-3) production in Human Articular Chondrocytes in Vitro.(Abe et al) APLAR

2010.6 成人まで経過観察を終了した軟骨異形成症に対する脚延長術の検討(阿部ほか)北整災会

2010.6 Epiphyseal Osteomyelitis Caused by Bacilli Calmette-Guèrin (BCG) Vaccination (Abe et al.)日韓整形外科学会

2010.3 人工関節置換術におけるIV-PCAの使用経験 (佐々木ほか)北海道膝研

2010.3 間葉系細胞の免疫学的特徴(能地 講演)北海道膝研

2010.3 An in vivo biomechanical analysis of soft-tissue stiffness in osteoarthritis patients undergoing posterior-stabilized total knee arthroplasty (Nochi et al) ORS

2010.3 Tumor Necrosis Factor α (TNF-α) -antagonist inhibits Matrix Mettalloproteinase-3 (MMP-3) production in Human Articular Chodrocytes in Vitro (Abe et al) ORS

2010.2 変形性膝関節症に対するPS型人工膝関節置換術における軟部組織剛性についての検討(能地ほか)人工関節学会

2010.2 Modified Gap techniqueにおける伸展バランスの変化-大腿骨後顆骨切り前の伸展バランスは大腿骨トライアル装着後に維持されているのか-(能地ほか)人工関節学会

2010.2 人工股関節置換(THA)術後、対側下肢アライメント変化の検討(阿部ほか)人工関節学会

2009.11 ヒト培養軟骨細胞はin vitroにおいてリンパ球のIL-2反応性を低下させ細胞増殖を抑制する(能地ほか)日整会基礎(優秀演題)

2009.11 In vitroにおけるヒト培養軟骨細胞とその他ヒト培養間葉系細胞の免疫学的特性の比較(阿部ほか)日整会基礎

2009.9 健常者と変形性膝関節症患者の歩行パターンについての検討~膝回旋モーメントに注目して~(佐々木ほか)東日本整災会

2009.9 人工股関節置換術後の対側下肢アライメント変化の検討(阿部ほか)東日本整災会

2009.9 人工膝関節置換術用に提供されている各種テンサーにおける負荷トルクとギャップ間張力の差異(能地ほか)東日本整災会

2009.6 先天性膝蓋骨脱臼の治療報告(阿部ほか)JOSKAS

2009.5 Comparison of the Immune Tolerance Between Human Articular Chondrocytes and Other Mesenchymal-lineage Cells Derived From Various Origins.(Abe et al) ICRS

2009.4 Cultured Human Articular Chondrocytes, Meniscal Chondrocytes and Synovial Fibroblast Cells Resemble Mesenchymal Stem Cells in Immunological Characteristics (Abe et al) ISAKOS(Best poster 20)

2009.2 Comparison of the immune tolerance between human articular chondrocytes and mesenchymal stem cells derived from various origins.(Abe et al) ORS

2009.2 Human Articular Chondrocytes Induce IL-2 Responsivelessness to Lymphocytes in Allogeneic Response. (Nochi et al) ORS

2008.6 関節軟骨細胞と骨髄由来細胞の免疫特性の比較.(阿部ほか)北整会

2008.5 成長終了まで経過観察し得た先天性内反足の手術症例の検討.(阿部ほか)日本整形外科学会

2008.3 Hyaluronan Inhibits the Mitogenic Activity of Poly-clonally Activated CD4 T Cells via CD44.(Noshi)ORS

2008.3 Human Meniscal Fibrochondrocytes Alloreactivity : Compared With Articular Chondrcotyes. (ABE et al) ORS

2008.2 当科における人工膝関節再置換症例の原因検討.(阿部ほか)日本人工関節学会

2007.10 変形性関節症(OA)由来の関節軟骨細胞の免疫学的研究.(ABE et al)日本整形外科学会

2007.10 ヒアルロン酸ナトリウムの活性化リンパ球増殖抑制能についての検討‐第二報‐.(能地)日本整形外科学会

2007.9 New possibilities of allogeneic chondrocyte transplantation for cartilage repair; An in vitro study of immunological properties of human articular chondrocytes derived from osteoarthritis joints.(ABE et al)International Cartilage Repair Society(ICRS)

2007.6 軟骨損傷に対する同種関節軟骨細胞利用の新しい可能性.変形性関節症(OA)由来の関節軟骨細胞の免疫学的基礎研究.(ABE et al)日本膝学会(JOSKAS)

2007.2 Alloreactivity of human articular chondrocytes derived from osteoarthritis joints. (ABE et al.)Trans. ORS

2006.11 関節リウマチの関節破壊進行に及ぼすレフルノミドの効果.リウマチ・関節外科学会(片山 et al)

2006.10 Alloreactivity of adult human articular chondrocytes. 日整会基礎(ABE S. et al.)

2006.10 ヒト関節症由来培養軟骨細胞に対するFGF-2の影響.(能地)日整会基礎

2006.8 Alloreactivity of adult human articular chondrocytes. APLAR (ABE)

2006.6 変形性関節症由来培養軟骨細胞の免疫応答- in vitro study –.(Abe)日本膝学会JOSKAS

2006.6 New possibilities for transplantation of allogenic chondrocytes.日本膝学会(ABE et al)JOSKAS

2006.3 0Human juvenile chondrocytes have unique immune modulatory functions. (Nochi) ORS

2006.3 Adult human articular chondrocyte alloreactivity (ABE et al) ORS

2006.3 The mitogenic activity of poly-clonally activated CD4 T cells is inhibited by HA. (Nochi)ORS

2005.10ヒアルロン酸の活性化リンパ球増殖抑制能についての検討.(能地)日整会基

2005.6 変形性関節症より採取した培養軟骨細胞における免疫調節能の検討.(能地)北整災会

2005.2 ヒアルロン酸ナトリウムの免疫調節能の検討.(能地)日本膝学会

2004.10 ヒト新生児関節軟骨細胞の有する免疫調節能の検討.(能地)日整会基礎

2004.3 Chondrocytes fail to induce allogenic T-lymphocyte proliferation in presence of inflammatory cytokines.(Nochi) 50th Annual Meeting ofthe Orhopaedic Research Society. ORS

2004.3 Immune reaction to allogenic MHC class II antigen on human new-born chondrocytes.(Nochi) 50th Annual Meeting of the Orhopaedic Research Society. ORS

2004.1軟骨細胞分化における外因性BMP-13の生物学的効果の検討.(能地)-アデノウイルス遺伝子導入法を用いたin vitro studyより-.北整災会

外来の患者さまへ

患者さまへの診療案内はこちらから

外来担当表 治療のご案内 研修医をうけつけています

随時研修医を受け付けています。

当講座の研究について 研究員募集
  • 旭川医科大学
  • 日本整形外科学会
  • 学生教材ファイル
  • 同門会ページ
ページトップに戻る
Asahikawa Medical University Copyright(c) All Rights Reserved.