旭川医科大学 整形外科学講座

研修医募集 外来のご案内

旭川医科大学

スタッフ

伊藤 浩 (Hiroshi Ito)


プロフィール

生年月日:昭和36年生
出身地:宮城県

所属学会など:
日本整形外科学会代議員・専門医
日本股関節学会評議員
東日本整形災害外科学会評議員
北海道整形災害外科学会評議員
身体障害者福祉法指定医師
アメリカ整形外科学会会員
Journal of Bone and Joint Surgery discussion group for medical education in Japan

専門分野:
股関節外科、人工股関節の開発(デザイン、材料、摺動面等)、生体材料(整形外科インプラント)の評価」


ご挨拶

 このたび、平成24年5月1日付けをもちまして旭川医科大学整形外科学講座を担当させていただくことになりました。もとより身に余る重責ではございますが、初代竹光義治教授、先代松野丈夫教授のもと培われました伝統を受け継ぎ、整形外科学の更なる発展に向けて、研究、教育、臨床への貢献に努力いたす所存でございます。

 診療の方向性としてはまず「各専門グループの充実」を挙げたいと思います。道北の現状では、整形外科の股関節、下肢、上肢、脊椎、腫瘍疾患の専門的治療を行える施設は旭川医科大学病院のみであり、自分の専門領域である股関節だけではなく、各専門グループの充実が地域医療にとり重要であると考えます。当教室には各専門グループ間でバランスの良い連携をとりながら、教室全体のレベルアップを図ってきた歴史があります。近年、各グループとも手術件数は増加しており、結果として当院整形外科全体の総請求額の増加につながっています。今後も自分の専門領域である股関節に偏らず、各専門グループの更なる充実を第一に優先して考えたいと思っております。

 卒後臨床教育においては、研修期間を通して幅広い知識と実践技術を習得することが出来るよう、本学の整形外科研修プログラムの作成、充実に努めて参りました。しかし新臨床研修体制に変わってから、本学出身者の中で当病院に残り初期研修を受ける卒業生は多くて20~30名程度であり、整形外科医局入局者は毎年1~3名にすぎません。整形外科においても医師数の不足が大きな問題であり、関連病院への医師派遣に大変苦慮しております。本学学長の強いリーダーシップの下に、入学試験の地域枠を拡大するなどの対策で、今後は入局者が増加していくものと期待しております。同門および関連病院の諸先生方には大変なご迷惑をお掛けしておりますが、何とぞご理解の程宜しくお願い申し上げます。

当科では現在、インプラントー骨間の術後早期の強固な固着と、生体為害性の低下の利点を持つ、新しいセメント非使用人工股関節の医師主導治験を行っております。この治験は北海道臨床開発機構(HTR)の「ゆるむ事のない人工関節開発へのブレークスルーの橋渡し研究」や、旭川医科大学の「独創性のある生命科学研究(プロジェクト研究)」などの支援の下に行っており、順調に進んでいます。患者様の身体機能の長期維持に貢献できるよう、更に耐久性が向上した新しいセメント非使用人工股関節の、早期製品化を目指したいと思います。

 以上、これまでの皆様のご厚情とご支援に深く感謝するとともに、教室の良き伝統を守りながら教室員一同で力を合わせ、新たな教室を創っていきたく存じます。当教室が全国的にもレベルの高い研究と診療を目指し努力していること、中でも当教室で開発した人工股関節4U Systemは、日本人に適合した耐用年数の延長が期待できる人工股関節であること、下肢、上肢、脊椎、腫瘍の各専門グループにおいても手術件数が増加し、実績を挙げていることなどを、更にアピールしていきたいと考えております。

今後とも尚一層の御指導と御鞭撻を賜りますよう御願い申し上げます。

外来の患者さまへ

患者さまへの診療案内はこちらから

外来担当表 治療のご案内 研修医をうけつけています

随時研修医を受け付けています。

当講座の研究について 研究員募集
  • 旭川医科大学
  • 日本整形外科学会
  • 学生教材ファイル
  • 同門会ページ
ページトップに戻る
Asahikawa Medical University Copyright(c) All Rights Reserved.