旭川医科大学 整形外科学講座

研修医募集 外来のご案内

旭川医科大学

教室沿革

歴代教授

p-takemitsu.jpg
初代 竹光義治 教授
・昭和50年4月〜平成8年3月

p-matsuno.jpg
第二代 松野丈夫 教授

・平成9年2月〜平成24年3月

p-ito.jpg
現 伊藤 浩 教授
・平成24年5月〜

沿革

1975年4月、竹光義治先生が九州大学から初代教授として就任して、当教室が産声を上げ、1976年11月より大学付属病院での診療を開始した。1978年に初研修医が勤務、1979年に旭川医大1期生が教室員となり、脊柱、股関節、上肢、下肢各専門領域にて診療実績を重ねていく。竹光初代教授が九州から北海道に赴任した際、腰曲がりの中高齢者が多いことに着目し、旭川、富良野、遠軽、芽室など道内各地で住民調査を開始した。その中で腰部変性後弯lumbar degenerative kyphosisという新たな病態を1988年に報告し、世界で初めて腰椎変性、背筋コンパートメン卜障害、骨粗鬆化など複合的な病態解明を行った。

1997年2月、松野丈夫先生が北大から第2代教授として就任し、骨軟部腫瘍と股関節の専門領域を深化させ、特に着任早々から国内・海外の骨軟部腫瘍症例の紹介が急増した。股関節疾患に対する人工関節は、当時海外製品が主流で、最も重要な関節面の研磨状態や軟骨に相当するポリエチレン品質に問題があったため、旭川医大独自の人工関節開発に着手し、人工関節講座も立ち上げて、「4-U」人工股関節を上梓した。松野教授自身Mayoクリニックなど米国での留学・診療経験が長かった経歴から、教室員の海外留学を積極的に薦め、就任後10名以上が米国等へ留学しており、整形外科領域最大の国際学会や国内学会での学会賞受賞者を輩出している。

2012年5月、松野先生と北大時代から共に股関節診療に携わってきた伊藤浩先生が、第3代教授に就任し、現在に至る。伊藤浩教授は、松野先生(前旭川医大病院長)から引き続き、国内トップクラスの股関節診療、研究を精力的に進めている。先天性股関節脱臼など小児期からみられる股関節疾患に対する治療法や、厚労省研究班の難病にも指定される大腿骨頭壊死症に対する薬物治療の開発なども進んでいる。従来型の人工関節では10-20年で入れ換えを要したが、当科で開発した「4-U」人工関節は長期間に渡る関節機能の改良が進み、一生入れ換えが不要な耐久性が期待されている。人工関節講座とともに、基礎・臨床両面から、小児から高齢者まで広い年代に渡る股関節疾患の先進的治療を進めている。初代の竹光先生(現大分整形外科病院顧問)がはじめた地域住民検診もコホート研究として継続されており、脊椎疾患の病態に関する旭川医大独自の研究成果は、欧米教科書でも多く引用されている。伊藤教授は整形外科診療全般に積極的で、股、下肢、上肢、脊椎、骨軟部腫瘍の各専門分野の診療可能な基幹病院として、周辺地域医療を支える体制の維持拡充を図っている。道北道東中心に広がる関連病院は、各地域で中核的役割を担っており、教室員のやり繰りが厳しい中、各病院機能の維持改善に努めている。整形外科医の派遣依頼は増加しており、広大な北海道の整形外科医療の質の維持向上も重要な使命と捉えて、教室一丸で粉骨砕身している。


history-1.jpg
講座創生期 (1976年)

history-2.jpg
医局対抗野球大会 (1980年)

history-3.jpg
大学10周年記念誌用撮影 (1983年)

history-4.jpg
大学20周年記念誌用撮影 (1993年)

history-5.jpg
開講30周年記念パーティ (2006年)

history-6.jpg
第41回日本人工関節学会開催 (2011年)

history-7.jpg
伊藤浩教授就任記念 同門会忘年会 (2012年)

外来の患者さまへ

患者さまへの診療案内はこちらから

外来担当表 治療のご案内 研修医をうけつけています

随時研修医を受け付けています。

当講座の研究について 研究員募集
  • 旭川医科大学
  • 日本整形外科学会
  • 学生教材ファイル
  • 同門会ページ
ページトップに戻る
Asahikawa Medical University Copyright(c) All Rights Reserved.