研究・留学先

HOME > 研究・留学先

整形外科は、分子生物学、機械工学、運動生理学、運動物理学、栄養学、病理学など、幅広い基礎科学に基づく応用科学です。
なぜなら私達が扱う臨床分野は、救急外傷、スポーツ医学、変性疾患、炎症性疾患、小児先天性疾患、老人医療、福祉、リハビリ、義肢装具、緩和医療、骨・軟部腫瘍と様々だからです。
これらの分野において、脊椎から四肢関節まで、そして脊髄から末梢神経まで、運動器に関する多くの基礎研究および臨床研究を行っています。

現在行われている主な基礎研究

骨軟部腫瘍分野
松野病院長、ほか
病理学研究
骨軟部腫瘍の免疫学的研究
骨神経生理学分野
熱田講師、ほか
関節の痛みのメカニズムに関する研究
脊髄、神経根の病態に関する研究
人工関節分野
伊藤教授、谷野特任講師、山中助教、ほか
人工関節周囲骨溶解の生物学的研究
骨分子生物学分野
(関節外科)
能地講師、阿部助教、ほか
関節軟骨再生の研究
関節軟骨の移植免疫の研究
間葉系幹細胞の移植免疫の研究
バイオメカニクス分野 
小原助教、ほか
3次元動作解析法を用いた研究

主な留学先

  • University of Pittsburg
  • Mount Sinai School of Medicine
  • Albert Ein Stein College of Medicine of Yeshiva University
  • University of Washington in St. Louis
  • University of British Columbia
  • University of Stanford
  • University of Florida
  • Rush University Medical Center
  • University of Arkansas for Medical Sciences
  • Alfred.1.duPont Hospital for Children
  • University of California
  • Boston Massachusetts Genaral Hospital