小林 徹也 (Tetsuya Kobayashi)

HOME > スタッフ > 小林 徹也 (Tetsuya Kobayashi)

プロフィール

【役 職】

旭川医科大学 整形外科学講座 講師

【専門・研究分野】

担当:脊椎
脊椎外科(頸椎~腰椎疾患:2015年まで手術症例1030例)、整形一般

【所属学会など】

1990年
医師免許
1997年
日本整形外科学会 専門医
2000年
日本リウマチ学会 専門医
2001年
国際腰椎学会 日本支部奨励賞
2003年
米国整形外科学会 脊椎最優秀ポスター賞
2004年
医学博士「A longitudinal study of congruent sagittal spinal alignment in an adult cohort」
2011年
欧州脊椎学会 優秀論文(Best of Show)
2012年
米国せき損学会 優秀ポスター

【略 歴】

1990年
自治医科大学医学部卒、旭川医科大学初期研修
2000年
米国Minnesota Twin City Spine Center留学
2001年
米国University of Arkansas for Medical Sciences留学

【趣 味】

シニアアイスホッケー選手、国際学会マニア?(2015年まで発表30回以上)

【コメント】

旭川医科大学整形外科脊椎グループで、小児脊柱側弯、スポーツによる腰椎分離症から、高齢者に多い腰部脊柱管狭窄や、骨粗鬆症による骨変形治療など多くの症例に、最先端・小侵襲な技術も取り入れた治療に当たっています。疾患の予防につながる脊椎疾患の学童検診や中高齢者の住民検診なども毎年継続しており、整形外科の中でも最も患者数が多い脊椎疾患の病態解明から治療まで、脊椎グループの楽しい同僚達と協力して幅広く活動しています。

【研究者明細】

論文・研究等はこちらへ